最近の投稿

背中ニキビ

背中ニキビ 原因

背中ニキビの原因は

1.過剰な皮脂の分泌や乾燥
2.入浴や衣類による刺激
3.ホルモンバランスの乱れ

 です。

背中ニキビ 予防

背中は頭や顔についで皮脂の多い部分なので、ニキビが出来やすいのですね。皮脂が過剰なのに乾燥というのは不思議に思いますが、特に大人の場合は季節や入浴後のケアなど乾燥が原因となってニキビが出来ることがあります。

入浴による刺激とは硬いナイロンタオルでこすったりすることが皮膚を傷つけ乾燥を招いたり、シャンプーなどのすすぎ残しが毛穴の詰まりの原因になります。また衣類は特に寝衣に気をつけてみてください。寝ている間は意外と汗もかきますし、背中と衣類が擦れています。綿類素材で肌触りがよく汗を吸い取ってくれるもの、何よりも清潔に保つことが重要です。

ホルモンバランスは生理前や睡眠不足、ストレスといった事が原因で起こります。背中に限らずあらゆる肌トラブルの原因となりますので、まずは睡眠を十分にとりストレスをためない生活を心がけたいものですね。背中ニキビがいつできやすいのか。生理との関係を把握しておくと予防や対策がとりやすいのではないでしょうか。

背中ニキビ 病気

背中ニキビと似た病気や症状が背中ニキビとして現れる病気がありますので、スキンケアをしても症状が改善されないようなら一度、皮膚科を受診した方が良いかも知れません。

 特に雑菌による炎症を起こしている場合は跡となって残ることも考えられるので、早めの受診をオススメします。

あごニキビの原因

フェイスラインのニキビの3大原因は

1.ホルモンバランスの乱れ
2.肌の水分不足
3.元々、毛穴がつまりやすい部位

あごまわりは毛穴が小さく顔の中でも、もともと詰まりやすい部位なんですね。
それに加えてストレスや睡眠不足、整理などでホルモンバランスが崩れてターンオーバーを乱してしまう。
そうなると肌の水分量が不足して、ますます毛穴が詰まりやすくなる悪循環になってしまいます。

この中で、改善しやすいのが肌の水分量!!

専用のケアがコレ
↓ ↓ ↓
口周り
MELLINE(メルライン)

コレでもか!!
と言うほど保湿成分を配合したニキビケア商品です。

そして、キャンペーンでもらえる、冊子で食生活改善にもチャレンジ♪

安心なのが180日間返金保証。ちゃんと効果を確認できるようにたっぷりな期間を設定してくれています。

この商品、あごニキビ専用ですがデコルテや背中ニキビにも使えるから余る心配がないので、定期便での申し込みがおすすめですよ。

あご・フェイスラインニキビ専用ジェル
【MELLINE(メルライン)】

あごニキビ

あごまわりのニキビは乾燥が原因。いわゆるUゾーンにできるのが乾燥による大人ニキビの特徴です。おでこや鼻筋に比べてあごや頬は皮脂の分泌量が少なく、角質が固くなっています。古くなっても素直に剥がれ落ちずに肌表面にとどまり、毛穴を詰まらせる原因になります。

ほかには頬やあごは手で触れてしまいがち。汚れを詰まらせる要因のひとつですね。また、胃腸やのどを痛めているをあごにニキビが出来やすいとも聞きます。季節の変わり目やエアコンによる喉の乾燥、食べ過ぎや夜更かしなど、のどや胃腸のストレスの原因を取り除くことで症状が改善する場合もありますよ。

あごのニキビは目立つのでとても気になりますよね。だからと言ってコンシーラーで消し去ろうとするのは悪化を招くのでやってはイケないことの1つです。対策としては

  1. まずは保湿をしっかり行って、まずはニキビを作らない。
  2. 出来てしまったニキビは白ニキビの内に詰まりを取り除き抗炎症薬で赤ニキビへの発展を予防。
  3. 赤ニキビになってしまったら「テラ・コートリル」のような市販薬で炎症防止と抗菌

出来てしまったニキビは跡となって残る恐れもあるので、なにより予防をしっかり行うのがニキビ対策の基本になりますよ。

ニキビケア

白ニキビ

白ニキビはニキビの初期状態って良く言われますが、勘違いしている人も多いのです。「白」といいながら、実は白くない。膨れて先端が白くなった状態はすでに白ニキビが発展して膿がたまった「黄ニキビ」です。

白ニキビはプツと小さく膨れた状態で、あまり目立ちませんが群発することも多く こうなると気にしないわけにはいきません。コンシーラーで出来るだけ隠したい気持ちになりますが、ニキビを悪化させてしまうのでここが我慢のしどころです。

白ニキビ 治す方法

触ったり、ベースメイクで隠したりすると悪化します。悪化させないためにはとにかく患部に触らないことが一番です。

が、

実は白ニキビの段階なら、潰してしまうのが一番早く治す方法です。白ニキビは毛穴にコメドと呼ばれる角栓がつまった「だけ」状態です。なのでこの段階なら詰った角栓と取り除くだけですぐに治る場合が殆ど。

医療機関へ行くと予防や炎症防止のためのお薬を処方されますが、治療となれば潰してしまうというやり方があります。単発の白ニキビで早く治したいなら、医療機関がやっぱりベスト。

ただし、群発しているニキビを全部潰すのは、医療機関ではやってくれない場合が多いです。。オススメしませんが、やり方を覚えて自分でコツコツ潰していくしかありませんね。

白ニキビ 潰し方

白ニキビはコメドプッシャーやアクネプッシャーと呼ばれる器具で角栓を押し出すのが一般的です。このやり方は黒ニキビの方が角栓が顔を出しているのでやりやすいです。白ニキビは角栓が表面に出ていないので針で潰すという方法をとります(ココがオススメしない理由)。

無理に押し出そうと強い力を掛けたり、爪や毛抜きで肌を傷つけてしまうとばい菌が入って赤ニキビに発展したり、傷ついた肌が修復できずクレーター状に跡として残ってしまうこともあります。

自分で行う場合は針を使わずに蒸しタオルなどで毛穴をしっかり開いてから行うようにすればコメドプッシャーだけでも取りやすくなりますよ。

すべてを完璧に取り去ろうとせずに、取りやすい角栓だけを取り除くようにするのがベスト。絶対に無理して肌を傷つけないようにしてくださいね。

大人ニキビ

ひどいニキビに悩まされてるのは思春期だけではありません。大人になってもニキビがおさまらない。そんな時に思春期と同じケアを続けているのはかえって悪化の原因になっていますよ。

大人ニキビ 原因

ホルモンバランスの崩れからくる皮脂の過剰分泌が原因の思春期ニキビに比べ、大人に出来るニキビはむしろ真逆の乾燥が原因。皮脂分泌量はさほど多く無くても毛穴が詰まれば皮脂はどんどん溜まっていきます。コレが大人ニキビの原因です。乾燥からくるニキビは古く脆くなった角質がキレイに剥がれずに毛穴をつまらせることから始まります。

肌の乾燥は、生理前や睡眠不足、ストレス、年齢からくるターンオーバーの乱れといったものや、洗顔による皮脂の落としすぎや体質・肌質に合わない化粧品、季節やエアコンによる環境などから引き起こされます。

まずは生活習慣の見直しと肌と化粧品の相性チェックから。そして保湿を重視したケア商品選びをはじめてみてはいかがでしょうか。

大人ニキビ 薬 市販

おとなニキビに限らず、ニキビ用の市販薬がいくつかあります。にきびは基本は予防ですが、出来てしまったニキビをとにかく早く治したいってときは市販薬を試してみるといいでしょう。ただし、効果の高いものほど刺激も強いので、くれぐれも容量・用法はまもって新たな肌トラブルを抱えないようにしてくださいね。

ニキビケア商品として 今、一番話題になっているのが「ラミューテ」お試し品は特になく、はじめるにはハードルが高いのですが、180日間の全額返金保障があるので「効果がなければ返品すればいい」と思えば小さなお試し品で試すより、じっくり選べてよいのかもしれませんね。

ニキビの場所

内蔵などの臓器とニキビが出る場所の関係を示した図が話題になっています。ホントかウソかは議論が別れるとこですが、反響は上々。

特定の部位に繰り返しニキビが出来る人はちょっと気にしてみてはどうですか?隠れた病気が見つかるかもしれませんよ。

→https://twitter.com/kuminchuu/status/608861941503672320/photo/1

ニキビが出る場所でどんな臓器に毒素がたまっているか分かる図

昔は臓器との関係では無くて「思い、思われ、フリ、フラれ」なんて言いましたよね♪

ニキビの薬

ニキビのお薬で「ダラシン」というのがあります。商品としては「ダラシンtゲル」。菌の増殖を抑制する抗生物質ですので、白ニキビに塗ると赤ニキビへの発展をおさえることができます。

ただ、皮脂の詰まりがとれるワケではありませんので、白ニキビそのものには効果が期待できません。白ニキビに直接効果がでやすいのはクレアラシルですね。角質を柔らかくして詰った皮脂を取り除きやすくしてくれます。

また、ディフェリンゲルというお薬もあり、こちらはより強力なイメージ。ダラシンと同じようにアクネ菌の増殖を抑えてくれるので、黄色ニキビに発達したニキビにも効果が期待できます。

ダラシンやディフェリンゲルは刺激が強いので使い続けるのは控えるべきですね。薬に対する耐性菌ができてしまうと、これらの薬が効かなくなってしまいます。

皮膚科で処方されるこれらの薬は必ず、その使用方法を守るようにしてくださいね。

 

ニキビの治し方

ニキビの治し方の考え方は2通り。
1.出来てしまったニキビを早く治す。
2.繰り返しニキビが出来るのを治す。

まずは出来てしまったニキビから。にきびの段階にもよりますが、白ニキビであれば詰まりを押し出して取り除くのが一番。「潰す」とは違いますよ。市販のコメドプッシャーを使って詰った芯を押しだします。コレはクリニックでも行われる方法ですから安心して実践できますね。

しかし、実際には慣れるまでは難しかったりします。当てる角度や力かげんは、何度か試してみないとつかめません。無理にコメドプッシャーを押し当てると肌を傷つけてしますので、何度か試して詰まりを取り出せないものは素直に諦めるようにしてください。

赤ニキビや黄ニキビに発展したものは市販のお薬を塗るしかありませんが、今は即効性の高い市販薬がありますので助かります。そのかわり、刺激が強いので連続使用はNG。用法・容量をまもって、集中ケア。治療薬を予防に塗るようなことは絶対にしないでくださいね。

 

ニキビの原因

ニキビの原因は皮脂の過剰分泌というのは正しいようで正しくはありません。要因の1つではありますが、皮脂の過剰分泌を治したらニキビができなくなるわけでもないのです。

では、本当の原因はというと、、実は原因はさまざまでコレっという説明は難しいのが実情です。ですが、きっかけは共通しています。症状のすべての始まりは毛穴の詰まりから。

毛穴が詰まる→毛穴に皮脂がたまる(白ニキビ)→詰まり酸化する(黒ニキビ)→皮脂に菌が増殖して炎症を起こす(赤ニキビ)→膿がたまる(黄ニキビ)→皮膚組織が壊される(ニキビ跡)

はじまりは毛穴のつまりからなので、ココを断つことが効果的にニキビ予防する方法になります。

おでこ ニキビ 原因

おでこニキビの原因の多くは思春期の皮脂の過剰分泌。思春期はホルモンバランスが乱れやすく男性ホルモンが優位になって皮脂の過剰分泌がおこります。特に皮脂分泌量の多い鼻筋やおでこのTゾーンのちょっとした毛穴のつまりからキビが出来やすいのが思春期ニキビの特徴です。

大人でもおでこにニキビが出来るのは外部刺激によるものが疑われます。洗顔やメイクでの刺激や前髪の接触など汚れが毛穴をつまらせたり、肌ストレスがターンオーバーを見出して角質を固く脆くしてしまい毛穴のつまりを引き起こしているのかもしれません。

 ニキビ 原因

肌の乾燥を原因とする大人ニキビが出来やすいのが頬や顎周りのUゾーン。乾燥で固くなった角質が剥がれやすくなり、これが毛穴につまってニキビとなることが原因です。もちろん思春期ニキビが頬にできることもありますが、おでこと同様に皮脂分泌が多いので手を触れやすい頬は汚れをつまらせやすいといえるでしょう。ほお杖をつくクセのある人は特に注意が必要ですね。

他には化粧ブラシの汚れなど、チェックするといいかもしれません。丁寧に洗顔しても不潔なブラシやパフでメイクをしていたら、汚れや雑菌を塗っていることになってしまいますよ。

顎 ニキビ 原因

顎のニキビの原因の多くはやはり乾燥です。元々の皮脂の分泌が少なく、口周りは食事の度に拭いたりすることで、肌の潤いが奪われがち。また、ついつい触ってしまうことが多い部位なので汚れがつきやすいのも原因の1つですね。

対策としては保湿クリームなどを上手につかって潤いを保つことと、どうしても年齢によるターンオーバーの遅れ古い角質がトラブルの原因となりますので、ピーリングやエイジングケアを摂り入れるといいですよ。